yamamoto-ms co., ltd.
yamamoto-ms co., ltd.
ハルセル試験について Q&A
ここちらのページでは、弊社に寄せられる
ハルセル試験方法への質問に対してお答え致します。
Q.ハルセル極板にはどのようなものがありますか?
A.
弊社では良く使われる銅や黄銅陰極板の他にも様々なめっきに対応できるよう、
多くの種類の極板(陽極板・陰極板)を扱っております。

商品番号陽極板商品番号陰極板
B-59-P10無酸素銅(電気銅)B-60-P01
B-59-P08含燐銅B-60-P02ステンレス(SUS304)
B-59-P04亜鉛B-60-P07ステンレス(SUS316)
B-59-P06ステンレス(SUS304)B-60-P04アルミニウム(A1085P)
B-59-P02電解ニッケルB-60-P05
B-59-P07住友SKニッケルB-60-P06燐青銅
B-59-P11錫5%入り鉛B-60-P03黄銅(真鍮)
B-59-P12高純度錫ハルセルロング水槽用
B-59-P15カーボンB-60-P01L
B-59-P17B-60-P03L黄銅(真鍮)
B-59-P18チタン白金B-60-P05L
B-59-P19コバルト

陽極板は上記他にも半田などもございます。詳しくはお問い合わせください。


Q.ハルセル用のアノードバックはありますか?
A.
以前は販売しておりましたが、生憎と現在は廃盤商品となっております。
ハルセルの場合、アノードバックはろ紙にて代用できますので以下の方法をご参考ください。

例)ろ紙(径125mm)使用の場合
<折り方>
使用例



Q.クロムめっきでハルセル陰極板に黄銅を使用すると塩化物混入がわかるとはどういうことですか?
A.
液中に塩化物があると黄銅板の裏面がエッチングされます。また含有量の多いものでは表面(低電流部)までエッチングが起こることがあります。


Q.クロムめっきでのハルセル試験に鉄板を使用してよいですか?
A.
特に問題はありません。装飾クロムめっきでは黄銅板とニッケルめっき板を推奨しています。 硬質クロムめっきでは鉄板を使われる場合がありますが、その時は高い電流密度で使用されていることが多いため 、電流密度にあわせ全電流を10A〜30Aとした方が良いと思われます。
また、実験の際はめっき液の温度上昇が激しいので注意してください。


Q.ニッケルめっきしたハルセル板はありますか?
A.
ニッケルめっき皮膜はすぐに表面が不活性になってしまうので、めっき後時間が経つと正しい評価ができません。 そのため、弊社ではニッケルめっきされたハルセル板の用意がありませんので、お手数ですが試験前に 黄銅か銅板にニッケルめっきをしてご使用いただければと思います。


Q.ベリリウム銅のハルセル陰極板の作製は可能ですか?
A.
作製は可能です。しかし、この場合は特注品となりますので詳細は弊社までお問い合わせください。





この他、ハルセル試験についてのご相談がございましたら
弊社「お問い合わせページ」からご連絡ください。


※「ハルセル」は弊社の商標登録商品です。
商標登録第1294468号(10類・理化器関係)/商標登録第1278949号(11類・電気器関係)
本文中では(R)マークは省略させていただきました。